歯周病菌(プラーク、歯くそ)の
最近の考え方

電話は、こちらへ メールは、こちらへ
大分歯周病相談室(ロゴ)
歯周病菌の最近の考え方
NHK「ためしてガッテン」
2011年06月22日放送より
私の歯学部時代には、
このような考え方はありませんでした。
しかし、歯くそがここまで言われている。問題視されている。
しかも天下のNHKで放送されたのです。
(クソ民放だったら、
私もココに書いたりしませんでした)
免疫力を低下・突然死を招く感染症
世界で最も患者数が多いとも言われる
感染症。
厚生労働省の調査によると、
日本でも7割の人がこの感染症に
かかっていました。

その感染症とは「歯周病」。
かつては「歯が抜ける病気」
と思われていた
歯周病ですが、それは大間違い!
近年の研究で全身に影響を及ぼすことが
分かってきました。

特に糖尿病とは密接な関係があり、
歯周病がある人は
症状が良くならないばかりか
悪化してしまう事も!
さらに歯周病菌が血管内に入ると
血栓ができやすくなり、
心臓病や脳梗塞のリスクを高めるという
研究報告も相次いでいます。

番組で調査したところ
「歯をしっかり磨いている」という人の
なんと8割に歯周病が発見されました。
そこで歯周病予防の落とし穴と
注意すべきポイントを
わかりやすくお伝えします。
世界で最も患者数が多い感染症!?
世界で最も患者数が多い!?
日本人の7割がかかっている!
しかも症状が悪化すると失明や
足の切断、さらには突然死の引き金に
なるかも知れないといいます。
でも、そんな感染症あったっけ?。

その細菌を顕微鏡で観察すると、
粒状の物やヘビのように
クネクネ動くものなど
様々なタイプが無数に
うごめいていました。
研究者によると種類と数が増えるほど
症状が悪化するといいます。


ありふれた細菌として
見過ごされてきましたが、
最近では研究者の間で様々な病気と
密接に関わっているのではないか
との報告が相次いでいます。

中でも糖尿病は、
細菌を減らす治療をしたところ、
それまで良くならなかった
ヘモグロビンA1c
(過去1~2か月の血糖値の状態を示す指標)が劇的に改善した人もいるほどでした。
でも糖尿病は感染症じゃないはず。

その原因菌のニオイをかいでみると、
ものすごくクサイ!
でもどこかでかいだことのある感じの
ニオイだったのです。
一体この細菌の正体とは?
仰天!味方が敵を増やす!?
この細菌の正体は「歯周病菌」。
実は日本人の7割が
かかっている感染症とは
「歯周病」の事だったのです。

歯周病は口の中の細菌により
歯茎が炎症を起こす病気。
歯を支える土台の骨に影響が及ぶと
歯はグラグラに!

一方、糖尿病は血液中にある物質が
増えることで、糖分を細胞にしまうインスリンの働きが弱くなります。
番組ではこの物質を「阻害君」と
名付けました。

実は、歯周病で歯茎が炎症を起こすと
阻害君が増えてしまう事がわかりました。
でもなぜ歯周病になると阻害君が
増えてしまうのでしょうか?

そのカギとなるのがマクロファージ。
体内に侵入した細菌や
ウイルスと戦う免疫細胞です。
歯茎では歯周病菌とマクロファージが
壮絶な戦いを繰り広げます。
この時、仲間を呼ぶために
マクロファージが出す物質が
阻害君だったのです。

つまり、歯周病を放っておくと
歯周病菌が増え、
マクロファージが仲間を呼ぶために
阻害君を放出。

するとインスリンの働きが阻害され
糖尿病が悪化。
この状態が続くと体の抵抗力が下がり
歯周病菌がますます増えるという
悪循環に陥ってしまいます。

糖尿病の方が歯周病治療で良くなったのは、悪循環を断ち切ったためだったのです。
歯周病菌はズルくて賢い!?
手足の動脈が詰まり、
ひどくなると手足の切断の可能性もある病気「バージャー病」。
このバージャー病の原因のひとつとして
疑われているのが歯周病菌です。

バージャー病の多くの患者さんから
血管内に歯周病菌の痕跡が
発見されています。
研究者によれば、
特にジンジバリスという歯周病菌は
心臓や大動脈、静脈などで生息し、
血栓の原因になっている可能性があるというのです。
番組ではこの細菌を「ジンの輔」
と名付けました。

ここで不思議な点がひとつ。
血液には
酸素と鉄分が多く含まれています。
ジンの輔は鉄分は大好きなのですが、
酸素は大嫌い。
それでも血管内に入り込み
体内を移動していると考えられます。
でも大嫌いな酸素があるのに
どうやって?

そこはしたたかなジンの輔。
巧妙な作戦を練っていたのです。
なんと血液に含まれる血小板の中に
入って、血管の中を移動していました。
しかもジンの輔が出す毒は、
血小板や赤血球を集めて
塊にしてしまう事が
実験でわかりました。

これが心臓の近くで起これば心筋梗塞、
脳の近くで起これば
脳梗塞となる可能性があり、
突然死の引き金になる事も
考えられるのです。
歯を磨いても歯周病のナゾ!
歯が抜けるだけではなく、
全身の病気に関わる事が
わかってきた歯周病。
予防には何よりも歯磨き。
しかし番組で
「歯磨きに自信がある」という
20代から50代までの男女を調査したところ、1日2回以上歯を磨いているという皆さんでも
8割の方に歯周病の初期症状が
見つかりました。
実は歯周病予防には
3つの落とし穴がありました。

その1・磨き方
毎日歯磨きをしていても
歯周病になってしまうのは
細菌の塊、歯こうが落ちていないため。
歯ブラシを大きく動かす
「ゴシゴシ磨き」だと、
歯と歯のすき間に毛先が届かず
歯こうがたまってしまうのです。
磨き残しを防ぐには
歯ブラシを小さく動かす
「クシュクシュ磨き」がおすすめ。

その2・生活習慣
タバコを吸うと
煙に含まれるニコチンなどによって
歯肉が酸素や栄養不足になります。
酸素が大嫌いな歯周病菌にとっては
繁殖しやすい環境になってしまいます。

その3・歯に自信がある人
むし歯になった事がない、
歯に自信があるという人は、
歯科医に行く機会が少ないため、
歯周病がいつのまにか進行している
場合が多いのです。
歯が痛くなくても、
年に1回は歯科医へ行く事が
歯周病の早期発見・予防の近道です。
今回のお役立ち情報
最近の研究で
歯周病が進むと歯が抜けるだけでなく
全身に影響を及ぼす事が
わかってきました。
歯を支える骨や歯肉に
炎症が広がってしまうと
元の状態に戻すことは困難です。
自覚症状がない初期の歯周病を
早期発見して予防することが
とても大事です。


      
★自分で出来る歯周病チェック
下記の9問のうち、
自分が当てはまると思う項目の
点数を合計して下さい。

1歯肉がピンク色で引き締まっている
・・・0点
2歯肉が赤色や紫色になっている
・・・5点
3歯肉がむずかゆく、歯が浮く感じがする
・・・5点
4歯磨きすると血が出る
・・・5点
5起床時、口の中がネバネバする
・・・10点
6歯肉が赤く腫れブヨブヨしている
・・・10点
7何もしないのに歯肉から血が出る
・・・15点
8歯がぐらついて物がかめない
・・・15点
9冷たい水がしみる
・・・15点

合計点数が
0点・・・歯肉は健康
5~25点・軽度の歯周病かも知れません
30点以上・重度の歯周病の可能性あり


      
★歯周病予防3つの落とし穴
その1・磨き方

毎日は磨きをしていても
歯周病になってしまうのは
細菌の塊、歯こうが
落ちていないため。
歯ブラシを大きく動かす
「ゴシゴシ磨き」だと、
歯と歯のすき間に毛先が届かず
歯こうがたまってしまうのです。
磨き残しを防ぐには
歯ブラシを小さく動かす
「クシュクシュ磨き」がおすすめ。

その2・生活習慣

タバコを吸うと煙に含まれる
ニコチンなどによって
歯肉が酸素や栄養不足になります。
酸素が大嫌いな歯周病菌にとっては繁殖しやすい環境になってしまいます。

その3・歯に自信がある人

むし歯になった事がない、
歯に自信がある、という人は
歯科医に行く機会が少ないため、
歯周病がいつのまにか進行している場合が
多いのです。
歯が痛くなくても
年に1回は歯科医へ行くことが
歯周病の早期発見・予防の
近道です。



医院案内
大分 歯周病 相談室
(大分市鶴崎駅近くの藤原歯科)

〒870-0104
大分市南鶴崎1-3-13→アクセス



TEL 097-527-2455
FAX 097-527-2457

診療時間
診療時間
9:00~13:00 -
14:00~17:00 - -
※休診
日曜・祭日・土曜午後
トップページ
歯周病とは?
当院の歯周病の治療
歯周病菌(プラーク)の最近の考え方
歯周外科
光殺菌治療(PDT)
渋柿エキス歯磨き液(ウッドピロス)
アクセス(地図)
お問い合わせ
プライバシーポリシー